適応障害で悩む日にさようなら

社会に理解されづらい適応障害|クリニックでの治療で改善できる

ストレスとの付き合い方

看護師

適応障害が起こる原因はストレスです。職場や学校など、周りの環境に馴染めないことがこの障害を引き起こす根本の問題となるのです。誰にも悩みを理解してもらえないことで大きなストレスを抱える適応障害ですが、クリニックでのカウンセリングを受けることで、心の安定させることができます。

詳しくはコチラ

薬剤の利用による治療

笑顔の女性

適応障害の治療薬として、抗不安剤や抗うつ剤の処方がなされます。薬の依存性などに不安を覚える人も多いものですが、これらの薬は医師の治療カリキュラムに従い、用法用量を守ることで依存することなく活用できます。生活リズムを整える睡眠導入剤などの利用も効果的です。

詳しくはコチラ

認知行動療法の効果

男性

適応障害の治療法として、認知行動療法も効果的です。自動思考から脱却し、ストレスへのうまい対処ができるようになります。また、医師からの治療のほか、正しい生活習慣を心がけることで、自分自身で適応障害の症状へ対処することも重要となります。

詳しくはコチラ

うつ病との違い

カウンセリング

適応障害とは、社会生活においてのストレスが問題となり、引き起こされる病です。不安や焦り、怒りなどの情緒面の不安定さや、やけ食いや八つ当たりといった行動も行なうことが知られています。ストレスが原因となり、人が変わったかのように振る舞うので、しばしばこの適応障害はうつ病と誤認されやすい病です。しかし、突然声を荒らげて怒るといった攻撃性や、ストレス元から離れると症状が改善するといった点はうつ病とは異なるので、両者を明確に見分けることができます。また、新型うつと混同する人も多いものですが、新型うつは非定形うつ病に近いとされている病です。非定形うつ病では、ストレスを与える原因である職場や学校などに近づくと、急激なうつ症状が現れますが、距離が離れればすぐに症状が改善します。ストレスへの過敏な反応が原因とされており、適応障害とは症状が微妙に異なるのです。適応障害は非定形うつ病とは異なり、ストレス元に近づくことや遠ざかることでの急激な精神面の変化は訪れません。非定形うつ病であれば健常な状態になる自宅でも、ストレスによる心身への影響が現れるようになるので、新型うつなどとも正確には異なる病となります。適応障害やうつ病、非定形うつ病は同じストレスから端を発する病であるため、素人では簡単に判別することはできないものです。専門のクリニックに相談し、正確な診断を仰ぎましょう。

一般的にいわれる適応障害の症状は多岐に渡ります。うつ病と同じく気分が落ち込んでしまう抑うつや、突然不安感や焦り、苦しみといった精神状態になる場合もあります。涙もろくなることや、怒りっぽくなることもあるため、周囲から情緒面での変化を指摘されることもあるでしょう。また、暴飲暴食やアルコールへの依存、意味のない虚偽の発言など行動面での異変もあらわれるため、問題となります。こういった精神状態や行動を引き起こしている場合、適応障害に陥っている可能性があります。下痢や微熱といった身体面での変化が現れるのも特徴であるため、判断の基準となるでしょう。うつ病よりも症状は比較的軽いものであるため、多くの人は単なる体調不良であると判断してしまいます。しかし、この適応障害は重症化するとうつ病へと発展することもあるので、自己判断で行動するとうつ病に罹患してしまう場合もあるのです。また、適応障害になると、ストレス元に近寄ると心身にさまざまな異常が現れます。急なめまいや腹痛、頭痛が起きるほか、動悸や冷や汗、涙なども現れるようになるのです。自分の意思でこのような症状が現れることはなく、本人がストレスを感じていない状態でも症状が現れるようになります。職場での業務や学校での業務を行なうことも難しくなるため、仕事や学校をたびたび休むことになるでしょう。本人にとってはつらい症状でも、周りの人から見ると仮病を使っているように思われてしまうので、適応障害に罹った人の多くは、職場や学校でサボりだと揶揄されるようになります。どれだけ症状のつらさを訴えても、ただの甘えだと決めつけられることが多いので、次第に精神的にも追い詰められ、重篤なうつ病へと発展することが多くあるのです。適応障害に罹った場合、一人で悩みを抱えていると生活や精神にも大きな負担が掛けられます。うつ病や適応障害を扱うクリニックで診断を受けることで、負担なく正しいカリキュラムでの治療を受けられるでしょう。