ウーマン

社会に理解されづらい適応障害|クリニックでの治療で改善できる

ストレスとの付き合い方

看護師

近年になって罹患者も増え、問題となっている適応障害は、ストレスが原因の症状です。強烈なストレスによって、心身に大きな影響が与えられる症状といえばPTSDが挙げられます。しかし適応障害は、強いストレスによる影響というより、特定のストレスに耐性がない場合に発症しやすいとされています。人によってストレスの感じ方は一定ではありません。同じような単純作業を行なった場合でも、黙々と仕事を行なうことに嫌気が差す人もいれば、無心で黙々と業務を行なうことにやりがいを感じる人もいるでしょう。学校行事などでも、たくさんの人と関わることが好きな人ならば大いに楽しめますが、人との関わりを苦手とする人となると、同じ環境下でも強いストレスを抱えることとなります。適応障害とは、ある特定の環境下において、強いストレスを受け続けることで発症する病です。職場や学校にいる人にとってはなんでもないことでも、本人にとっては耐え難いストレスである場合があるため、理解のされづらい病となるのです。ストレスが原因となる病であれば、適度にストレスを発散することで予防や改善は行なえるのでは、と多くの人は考えるでしょう。しかし、強いストレスが与えられる原因はそのままであるため、ストレス発散による方法は単なる対処療法にしかなりません。常に膨大なストレスが掛けられることになるので、ストレス元をどうにかしない限り、ストレスによる交感神経の変調により重大なうつ病を発症することになります。しかしながら、職場や学校へ配慮してもらうことは難しいので、自身で対人関係の改善を行なうほか、生活での趣味を見つけてのストレスコントロールを行なうこと、さらにはストレスを溜めないための生活習慣の改善などを行なうことで、対処する必要があります。適応障害の人は他の人よりも環境の変化に弱く、職場や学校を辞めたとしても、新しく就職や転校をするのは難しいものでしょう。ストレスゼロの生活を目指すのではなく、自身のストレスと上手く付き合い、コントロールする手段を見つけましょう。

適応障害は単なる傷病とは違い、本人の特性や性格が原因となって現れるものです。そのため治療によってすぐに改善できるわけではないので、自分自身の特徴と捉えてうまく付き合い続ける必要があります。自分自身の適応障害によって、嫌な思い出やトラウマを抱えている人は多いものです。多くのネガティブな経験から、自己嫌悪に陥っている人も少なからず存在します。自己嫌悪による自己否定感は、毎日の生活に大きなストレスを与える要因となるので、放置するとうつ病に罹るリスクが大きくなるので、気をつけなければなりません。心療内科などの専門のクリニックへ受診することで、うつ病によるリスクを低減できます。クリニックでは、通院すると何度も入念にカウンセリングを行なうものです。カウンセリングによって自己嫌悪感をもたらすストレスを改善し、徐々に精神的な安定感をもたらしてくれます。適応障害は誰にも理解されない悩みに苦しむことで、重いストレスや自己嫌悪感に陥るものです。カウンセリングでは、病に関して理解がある医師が生活におけるさまざまな悩みをきちんと聞いてくれるので、話を聞いてもらうだけでストレスを解消することができるでしょう。カウンセリングによる医師からのアドバイスを聞くことで、周囲への対処法やストレスコントロールの方法などの適応障害への対応の方法を教えてもらうことができます。また、カウンセリングでは個人ごとの症状を調べ、適切な治療改善プログラムを作成するためにも行なわれるものです。しっかりとカウンセリングを受ければ、つらい適応障害への対処方法を身につけられるのです。