ウーマン

社会に理解されづらい適応障害|クリニックでの治療で改善できる

薬剤の利用による治療

笑顔の女性

クリニックでは、適応障害に悩む人のために、さまざまな治療薬を処方します。抗不安剤や抗うつ剤を処方することで、ストレスによる精神的な不安定さを改善させてくれるのです。抗不安剤や抗うつ剤といった薬は、飲むことで脳の神経伝達物質の再吸収を促し、脳の機能を向上させる薬です。神経伝達物質のドーパミンやエンドルフィンといった、精神を安定させる物質が再吸収されるので、不安感やイライラ、さらには倦怠感などを解消することができるでしょう。抗不安剤や抗うつ剤は一般的には重度のうつ患者に処方されるものなので、適応障害の人の中には処方されることに抵抗を感じる人もいるでしょう。特定の状況下でのみうつのような症状が現れる適応障害ですから、重い倦怠感や被害妄想、自殺衝動などを引き起こすような重度のうつと、同じような扱いをされることに不満を覚える人も多いのです。また、このような精神を改善させる薬は依存性が高く、飲み続けることで逆に精神に異常をきたしてしまうのでは、と不安に思う人もいるでしょう。抗不安剤や抗うつ剤は、うつになった場合にのみ処方されるのではなく、うつ病を予防するためにも処方されるものです。適応障害は放置すると、ネガティブな経験と自己嫌悪感によってうつ病へと発展しかねない病です。生活にも大きな影響が与えられている重度の適応障害であれば、いつうつ病になってもおかしくない状態といえます。抗不安剤などを飲み続けることで、うつ病を発症するリスクを抑えることができるでしょう。また、抗不安剤や抗うつ剤は用法用量を正しく守れば、依存性が現れることはありません。これらの薬は飲み続けることで体が慣れてしまうので、服用しても体に効いている実感が得られにくくなります。適応障害による症状に見舞われることを恐れ、医師にいわれた量をオーバーして飲む人も多くいるため、飲み続けると依存症になるといわれているのです。医師から処方される薬はあくまで一時しのぎのようなものなので、薬を飲み続ければ治るわけではありません。適応障害などの病は自分自身で治すものだと考え、薬はあくまで症状が重くならないためのサポートだと捉えることで、薬への依存を避けることができるでしょう。精神病への薬は麻薬などの薬とは異なり、飲んでいる人の不安感から依存してしまうものです。医師からの言葉を信じ、地道な治療改善カリキュラムを続けることで、不安を感じずに適切に薬を活用することができるでしょう。

適応障害の治療薬には、抗不安剤や抗うつ剤の他に、睡眠導入剤なども処方されることがあります。適応障害やうつ病など、交感神経に変調をきたす病はメラトニンと呼ばれるホルモンが不足することで起こるともいわれています。メラトニンは、人の睡眠を促すために分泌されるホルモンです。日光を一定量浴びて、適度な運動を行なうなど適切な生活習慣を行なうことで、このホルモンは誰にでも分泌されるものです。しかし、不規則な生活を行なう人の場合、このホルモンの分泌量が減少し、体にさまざまな変調が現れてしまいます。メラトニンは自律神経の働きを整える作用もあるので、分泌量が不足すると適応障害の症状もより重いものとなるでしょう。睡眠導入剤はこのメラトニンと似た働きをする薬であるため、飲むことで生活リズムを安定化させることができます。交感神経と副交感神経のバランスが整うことで、精神を安定させることができるのです。抗うつ剤や抗不安剤などの処方にどうしても抵抗があるというならば、この睡眠導入剤の利用が適切です。